財団委員会基本方針

07

 

  • 財団活動は、社会奉仕・国際奉仕活動の推進と実践の具現化にある。

  • 変貌するロータリー財団「未来の夢計画( Future Vision Plan )」に十分適応出来る基盤の整備を図る。

  • FVPでは、補助金は、

 A)ロータリー財団 新地区補助金(Rotary Foundation District Grants) 

 B)ロータリー財団 グローバル補助金(Rotary Foundation Global Grants)

 C)ロータリー財団 パッケージ・グラント(Rotary Foundation Packaged Grants)
 の三種類に簡素化されるが、補助金で行なえる活動は、

 ①人道的補助金プロジェクト(humanitarian projects)、

 ②奨学金(scholarship)、

 ③ 職業研修チーム(vocational training team)

 に分けることが出来る。これは、両補助金とも全く同じである。

  • 具体的活動として、人道的補助金プロジェクト並びに奨学金及び職業研修チームの事業を成熟化させるべく努力する。

  • 財政的支援として会員に「E・R・E・Y(あなたも毎年150 ドルを!)運動」と恒久基金寄付、ロータリーカード加入促進運動を推進する。

  • すべての子供たちに約束した「ポリオのない世界」をめざして、ポリオ撲滅チャリティ活動を積極的に推進する。

  • 地区財団活動資金(DDF)の配分と使途を決定する責任を負い、ガバナーやガバナーエレクトと協議して、シェア配分を決定する。
Tuesday the 29th. Copyright(c)RID2630DRFC.All rights reserved.
Copyright 2012

©