ロータリー財団2014-2015年度の目標

  1. katudoポリオを撲滅する。今こそ目標を達成しよう。

  2. 継続的な寄付を通じて、ロータリー独自かつ唯一の慈善事業を支援する。

  3. 持続可能な教育的・人道的プロジェクトに参加することで、新しい補助金プログラムの発展を確かなものとする。

  4. ロータリー平和センター・プログラムの推進と広報を通じて、世界理解、親善、平和を育む。

  5. ロータリー財団の未来の健全性は自分たちにかかっていることを強調する。

 

 

 

 

なぜ目標は重要なのか

ロータリー財団は、さまざまな功績を挙げている国際的な大組織です。その多くの業績は、個々のロータリアン、クラブ、地区の尽力によるものです。世界理解、親善、平和の達成を目指す私たちの使命は、ロータリアンの弛まぬ活動と専心によってのみ達成できる崇高な目標です。

毎年、国際ロータリー会長がロータリアンの目標を具体的に示す方法として一つのテーマを選び、ロータリー財団管理委員長が財団の目標を掲げます。目標設定は、私たちが優先事項を決め、組織的に計画を練り、重大な決断を下し、夢を実現するための手立てとなります。目標が具体的で、取り組みやすく、達成可能なものであるなら、それは人々の意欲をかき立て、やり遂げる意志を育む力を持ちます。目標を明確に掲げることによって、これを達成への目安にできると同時に、組織の達成状況を反映させながら、経験を基にこれを修正することも可能です。

このパンフレットは、ロータリー財団の目標をロータリアンに伝えるためにご活用ください。寄付をお願いしたり、奉仕プロジェクトを計画したり、DDFの配分を決めたり、募金活動を計画する際に、ご参照いただけることを願っています。 私たちは皆、人類への奉仕に尽くしています。目標を立て、それに沿って活動すれば、より良い世界に向けて前進し続けていくことができるでしょう。

Tuesday the 29th. Copyright(c)RID2630DRFC.All rights reserved.
Copyright 2012

©